お知らせ

2022年 11月6日 ながさきブルーグラスフェスティバル

フェス、コンサートを含め第49回目となる主催イベント。

2021年のフェス会場となった諫早市のぞみ公園屋外広場にて行います。

バンドエントリーも受付け致します。メニュー「バンドエントリー」

よりお願いいたします。


 

 

ブルーグラスってなに??

ブルーグラスという名前は聞いたことがなくてもバンジョーが軽快に演奏されてギターやバイオリンが踊っている音楽といえば多くの人が「あれか!」と思い出すあの音楽。
ブルーグラスとは、アメリカ南東部(現在のケンタッキー州)の開拓時代にアイルランドやアフリカからの移民によって作られた音楽で、アメリカのオールドタイム(マウンテンミュージック)を起源として誕生したアコースティック楽器のみで構成された音楽ジャンルです。
比較的テンポの速い明るいバンジョーの音色が特徴的で、聴いているだけで楽しくなる音楽として人気となっています!
特にマウンテンミュージックが盛んなケンタッキー州の中には「ブルーグラス(ナガハグサと呼ばれる牧草 ・芝生)が生い茂るブルーグラス地方」という地域があり、後にその地名を由来とした「ビル モンロー&ブルーグラス・ボーイズ」というマウンテンミュージックを演奏するバンド・グループが1940年代初期に誕生します。
ブルーグラス・ボーイズが活動を続けるうち、バンジョーのパイオニア、「アール・スクラッグス」が加わり、バンジョーが特徴的なジャンルとして「ブルーグラス」が誕生。
1945年、彼らが演奏するブルームーン オブ ケンタッキーが大ヒット。ブルーグラスというジャンルが定着。ブルーグラスの演奏にはバンジョーやマンドリン、アコースティックギター、フィドル、ウッドベース、ドブロ・ギターなどの電気を一切使わないアコースティック楽器が使われます。ブルーグラスの演奏は、これらすべての楽器を使わなければならないわけではなく、曲調によってどの楽器を使うか考えながら選びます。

(ネット文献より)


活 動

現在(2022年)、年に2回のフェスティバルとコンサートを行っています。
フェスティバルは屋外で、他県 遠くは東京からのバンドも出演しての約5時間から6時間に及ぶブルーグラスの祭典を行っています。
出演バンドは、15~18バンド。アメリカの本場、ケンタッキーでのコンサート出演がある日本を代表するバンドも出演。
入場料も無料という、一般の方々が楽しめる企画にしてます。

コンサートでは、2月に行う「ブルーグラス如月コンサート」を開催。
ドリンクも出来る会場(現在はホテル ニュー タンダ)での有料コンサート。
出演バンドは、長崎が中心でゲストにレギュラーとして福岡より実力派バンドが出演。

事 務 局

ブルーグラスながさき として主催者、及び窓口としています。
インターネット上でのやり取りの為、電話番号でのお問合せは受付けておりません。

住所
850-0963 長崎市ダイヤランド2-16-19 ジミー渡辺
Mail : info@bluegrass-nagasaki.com